会社案内

会社概要

商 号 合資会社 荒木商会
創業年月日 昭和22年4月14日
設立年月日 昭和25年9月7日
所在地 【本社及び工場】
〒856-0805 長崎県大村市竹松本町947番地
TEL:0957-55-8229(代表) FAX:0957-55-8276


【富の原第2工場】
〒856-0806 長崎県大村市富の原2丁目506番地
TEL:0957-55-0174
代表社員 社長  荒木 静男
従業員数 41名(その内パート従業員26名)
事業内容(目的)
  1. 製粉並びに製麺その他食糧品加工
  2. 製品の販売
  3. これに付帯する一切の業務
営業内容(製造)品目
  • 生ゆでめん(うどん・ちゃんぽん・そば・ラーメン等)
  • 半生めん(ちゃんぽん・皿うどん・ひじき麺・ラーメン)
  • 油揚めん(長崎揚皿うどん・いわし入皿うどん)
  • 皮類(ギョーザ皮・ワンタン皮・春巻皮)
  • 乾めん(ソーメン・うどん・そば・冷麦)
  • 自家製粉そば粉
  • 手延そうめん・各地名産麺
主な仕入先
  • カミサリーエイト様
  • 栗鷹物産様
  • 丸本様
  • 佐賀県食糧様
  • 一番食品様
  • 中川製袋化工様
主な販売先
  • グリコ栄養食品様
  • 長崎空港ビルディング様
  • 浜屋百貨店様
  • 日本糧食様
  • 長崎県物産振興協会様
  • 長崎県貿易公社様

沿革

昭和22年 4月 荒木製麺所として開業。
昭和22年 5月 農林省指定製粉・製麺加工業者として指定を受ける。
昭和22年 12月 長崎県麺加工配給業者として指定を受ける。
昭和23年 7月 農林省指定飼料生産工場として指定を受ける。
昭和25年 9月 合資会社 荒木商会創立。
昭和26年 4月 農林省指定製粉・製麺の自由販売に依り契約解除。
昭和47年 4月 長崎県物産振興協会加入
観光と物産に参加。
昭和47年 4月 長崎県貿易公社の指名により、全国の百貨店にて長崎の観光と物産に参加。
昭和51年 11月 長崎県物産振興協会より、長崎ちゃんぽん・皿うどん及び詰合せの県優良特産品の推奨を受ける。
昭和53年 11月 長崎県物産振興協会より、長崎ちゃんぽん・皿うどん詰合せの県優良特産品の推奨を受ける。
昭和55年 11月 増資(530万円)
昭和55年 11月 長崎県物産振興協会より、長崎揚皿うどんの県優良特産品の推奨を受ける。
昭和56年 1月 富の原第二工場完成により、長崎揚皿うどんライン増設。
平成 元年 11月 遠赤外線利用による製麺製造工場増設(富の原工場)。
平成 4年 9月 (財)高年齢者雇用開発協会と、高年齢者の継続雇用条件整備のために共同研究事業(H4.9.1?H5.3.31)を実施。
テーマ「麺製造工程における中高年齢者の勤務体制や作業環境の改善等に関する研究」(対象工場、油揚げ皿うどん工場)
平成 5年 3月 長崎揚皿うどん工場改築及びライン改造。
平成 5年11月 代表社員の役員交代
初代社長荒木三男を会長。二代目社長として荒木静男が就任。
平成 8年 5月 第1回大村ふるさと産品新作展にて「磯仕立てひじき麺」
最優秀グランプリ、大村市長賞受賞。
「いわし揚麺」優秀賞受賞。
平成11年 3月 第30回長崎県特産品新作展にて、「ひじき麺」奨励賞受賞。
平成12年 9月 第3回大村ふるさと産品新作展にて、「サーディンパスタ・トマトソース付(油揚げ)」奨励賞受賞。
平成15年 1月 グリコ栄養食品ブランド長崎皿うどん製品生産開始。
平成16年 12月 長崎県「ブランドながさき総合プロデュース事業」にて「ひじき麺」公募商品として選定される。
平成18年 10月 第3回おおむらじげたまグランプリにて「若米麺」優秀賞受賞。